実行に移した「行動」が一つの「功徳」

ひろさちや氏 『般若心経二六二文字の宇宙』 以下抜粋

「布施」(ふせ)--- 他のために 施(ほどこ)す心

一般的には
席を譲った人は いい人で

譲らなかった人は 悪い人 

といったように判断しがちですが

布施(ふせ)という観点から見ると
話は違ってきます。

布施というのは
「席を譲った」という結果よりも
個々が発する 自発的な心を大切にしています。

「結果が目的ではない」ということは、
仏教用語で 「因果一如」(いんがいちにょ)
と言います。

「何かをすることと、
果を生じることといった因果は 一つになっている」ということです。

たとえば

善行をして いい結果を期待したり、
お祈りをして 何か利益を得たい

と考えるのは 間違っています。

そのことを教えている、こんな禅の話があります。

☆     ☆

インドから 中国に 禅を伝えた 菩提達磨(ぼだいだるま)が
はじめて中国へ来て
仏教を深く信仰していた 梁(りょう)の武帝(ぶてい)と
会見したときの話です。

武帝は 菩提達磨に会うと、
すぐに こんなことを尋ねました。

「わしは 即位(そくい=君主の位につくこと)してから今日まで
多くの寺院を建立(こんりゅう)し、経典(きょうてん)を写(うつ)し
僧尼(そうに)たちに 援助を与えてきた。
これには、いったい どんな功徳(くどく=ご利益)があるか?」

すると

菩提達磨は こう言ったのです。

「無功徳」

--- つまり
「そんなものに 功徳はない」 と言ったのです。

自分は これまで 一生懸命善(よ)いことをしてきた

と思っていた武帝が
これを聞いて すっかり慌(あわ)てたことは 
言うまでもありません。

--- なぜ 菩提達磨は 「無功徳」と言ったのでしょうか?

それは、

梁の武帝が 寺を建立するなど
どんなに 善を重ねても

それが 何か 効果や功徳を期待してのものであれば、

功徳はない という意味
で言ったわけです。

つまり、

寺を建てるにしても

寺を建てたことによって 何か功徳を得るのではなく、

寺を建てようと考え、
それを実行に移した その行動が 一つの功徳になっているのだ

ということを 菩提達磨は 教えたかったのです。

☆     ☆

『般若心経』が教える 日々の生き方

布施 という言葉を 国語辞典で引いてみると
「信者が僧侶に金銭財物を施すこと」と書かれています。

たしかに、こういった解釈は間違いではありませんが、

本来の意味は、

相手は 僧侶にかぎらず

人に 物を施す 仏道修行のことをいいます。

また

施すものは

金銭にかぎりません。

たとえば 『無量寿経』(むりょうじゅきょう)という経文には

和顔愛語」(わがんあいご)という教えが説かれており

にこやかな笑顔で 優しい言葉をかける

という意味です。

これも 布施の一つです。


苦虫をかみつぶしたような顔をしていると

いつの間にか 周囲にいる人に

不愉快を与えてしまいます。

こういったことから、つねに にこやかな笑顔をみせたり

優しい言葉をかけることも、

『般若心経』が教える 日々の生き方なのです。

    

Dale Carnegie "How to stop worrying and start living"
D・カーネギー 『道は開ける』 訳:香山晶氏 以下抜粋

人間とは 生まれつき 感謝を忘れやすくできている
絶えず感謝を期待していることは
みずから進んで 心痛(しんつう)を求めていると言ってもよい

私の両親は 他人を助けるのが 大好きだった。

いつも借金で首が回らないくらい貧乏だったけれども、
両親は 毎年必ず 孤児院あてに 寄付金を贈った。

手紙を別にすれば、
両親は 誰からも 礼を言われたことがないだろう。

しかし、 彼らは 十分に報(むく)われた。

何の返礼も期待せずに 幼い子供たちを助けている
という喜びがあったからである。

私が クリスマスの2、3日前に帰省すると
いつも父は、たくさんの子供を抱(かか)えながら
食べ物や燃料を買う金にも事欠く未亡人に
石炭や 食料を買ってあげた話をした。

このような贈り物をしながら
両親は 計り知れない喜びに
--何らの報酬も期待せずに与える喜びに--浸っていた。

アリストテレスは言っている。
理想人は 他人に好意をほどこすことから 喜びを得る


★     ★

キリストは 1日に10人のライ病患者をいやしたが
キリストに感謝したのは
ただ 1人だけだったことを 思い起こそう。

幸福を見つける唯一の方法は
感謝を期待することではなく
与える喜びのために 与えることである。

感謝の念は 後天的に「育(はぐく)まれた」特性であることを
思い出そう。だから、子供に感謝の念を植えつけるためには
感謝の念を持つように 子供に教えなければならない。

★     ★

たとえば 子供のいる前で 他人の親切にケチをつけたくなったら
すぐに 口を閉じよう。

「スーちゃんが クリスマスに送ってくれたこのフキンだけどねぇ、
あの子が編(あ)んだものだよきっと。1セントもかかってないよ」
などと、決して口をすべらしてはならない。

子供たちは 聞き耳をたてている。

こんなふうに 言えばよいのだ。

「スーちゃんは ずいぶん時間を使っただろうねぇ。
このクリスマスの贈り物を作るのにさ。なかなか気のつく子だよ。
すぐに お礼の手紙を書かなけりゃ。」

こうすれば、子供たちは 
知らず知らずのうちに 
賞賛(しょうさん)と 感謝の習慣を身につけるであろう。

もし、私たちの子供が 恩知らずだとしたら、
だれを非難すべきか?
多分、私たち自身だろう。

私たちが 他人に感謝することを教え込まなかったとしたら、
子供たちに感謝してもらえるはずが ないではないか。

★     ★

いつも 不満顔で 孤独を訴えている人を知っている。
姪たちは 彼女に会いに行くだろうか?
えぇ、時々 義務として。

この女性が真に望んでいるのは 愛情と思いやりである。

けれども、彼女はそれを「感謝」と呼んでいる。
そして彼女は、それを自分のほうから要求する限り
感謝も愛情も 得られないであろう。

彼女はそれを 自分の権利 と考えているからだ。

世間には 彼女と同様、忘恩や孤独や無視に苦しむ女性が
無数にいる。 彼女たちは 愛に飢えている。

しかし、

この世で愛される唯一の方法は

自分から愛を要求しないことであり

返礼を期待せずに 愛情を振りまき始めることなのだ。

    

一緒で幸せ--「布施」の心
縁起に学び、ガタピシを取る 仏様の智慧

Non-violent formula for controlling the Jews

THE SECRET TERRORISTS by Bill Hughes PDF

The Rothschilds were Jesuits who used their Jewish background as a facade to cover their sinister activities. The Jesuits, working through Rothschild and Biddle, sought to gain control of the banking system of the United States.


William Cooper= Bill Cooper
"Behold a Pale Horse"

The secret power structure is toward a totalitarian socialist state (fascism).

It is not the Nazis, as they were a product of this power structure.
It is not the Jews, although some very wealthy Jews are involved.
It is not the Communists,as they fit the same category as the Nazis.
It is not the bankers,but they do play an important role...pg.101

ユースタス・マリンズは 
イルミナティ=世界支配層 これを【ユダヤ人全般】に置換

ユダヤの【仮面】を付けた支配層達は
人々の憎悪心を ユダヤ人に向け イスラエルを滅ぼす計画


Mullins' NEW HISTORY of the JEWS

By Eustace Mullins

In all of recorded history, there was only one civilization which the Jews could not destroy. Because of this, they have given it the silent treatment. Few American college graduates with a Ph.D. degree could tell you what the Byzantine Empire was.

It was the Empire of East Rome, set up by Roman leaders after the Jews had destroyed Rome. This empire functioned in Constantinople for twelve hundred years, the longest duration of any empire in the history of the world.

Throughout the history of Byzantium, as it was known, by imperial edict, no Jew was allowed to hold any post in the Empire, nor was he allowed to educate the young. The Byzantine Empire finally fell to the Turks after twelve centuries of prosperity, and the Jews have attempted to wipe out all traces of its history.

Yet its edicts against the Jews were not cruel; in fact, the Jews lived unmolested and prosperously in the empire throughout its history, but here alone the vicious cycle of host and parasite did not take place.

It was a Christian civilization, and the Jews were not able to exercise any influence. Nor did the Orthodox priests bewilder their congregations with any vicious lies about Christ being a Jew.

No wonder the Jews want to eradicate the memory of such a culture.

It was Ezra Pound who launched upon a study of Byzantine civilization, and who reminded the world of this happily non-Jewish land.

From the Byzantines, Pound derived his no-violent formula for controlling the Jews.

"The answer to the Jewish problem is simple," he said.

"Keep them out of banking, out of education, out of government."

And this is how simple it is.

There is no need to kill the Jews. In fact, every pogrom in history has played into their hands, and has in many instances been cleverly instigated by them.

Get the Jews out of banking and they cannot control the economic life of the community.

Get the Jews out of education and they can not pervert the minds of the young to their subversive doctrines.

Get the Jews out of government and they cannot betray the nation.


 ★   

USS Liberty Memorial
The USS Liberty Memorial web site abhors the racist and extreme positions taken by antiSemitic, Holocaust denial, conspiracy theorist and other such groups which often seek to identify with us and to usurp our story as their own. We have no connection with and do not support or encourage support from any of these groups including National Alliance, National Vanguard, The New Order, National Socialists, The French Connection, Liberty Lobby, American Free Press, Republic Broadcasting, AFP's Liberty Radio Hour, or other such groups. We wish harm to no one and encourage social justice and equality for everyone; we seek only accountability for the criminal acts perpetrated against us and can do that without help from hate-mongers.

True Torah "In a Dangerous Climate, ADL Offers More Problems Than Solutions"

THE NEW WORLD ORDER ----the Pope's Zionist-controlled Israel
Arabs and Jews must see through the propaganda
and understand that this conflict is being created for them.
The Catholic Church is not Christian at all

Christopher Bollyn "the Dangerous Side Effects of SSRI Medications"

The Urgent Need to Understand the Dangerous Side Effects of SSRI Medications

By Christopher Bollyn 
16 February 2008

http://www.bollyn.com/school-shootings

When I heard that there had been another shooting on a college campus I knew that it was drug related; they all are. A couple years ago, when there were three such shootings in a month and I had found evidence that they were all related to anti-depressant medications, my editors in Washington, at American Free Press, did not want me to write about it.

They even tried to make fun of it.

--想起:Christopher Bollyn Fired From American Free Press




I knew that the connection between anti-depressant medications and shooting rampages was a censored subject with the controlled press -- and was surprised to see it was the same at American Free Press.

Once again, this time at a college near my home in Illinois, a person whose mind was seriously affected by SSRI anti-depressant medications, has gone on a deadly rampage. And, once again, the media and law enforcement authorities appear completely ignorant of why this has happened.


(SSRI means Selective Serotonin Reuptake Inhibitor,
which means a medication that affects the serotonin level in the brain.)

Now there have been 5 such shootings in a week. It is high time that the media and police get serious about understanding the side effects of SSRI medications like Prozac. Tens of millions of Americans take these drugs every day.

It has been widely reported that Stephen Kazmierczak, who shot and killed five Northern Illinois University students at the Dekalb campus on February 14, had recently stopped taking medication and "had become somewhat erratic in the last couple of weeks."

Donald Grady, the chief of the university police force revealed that Kazmierczak had stopped taking his medication -- although he did not reveal the name of the medication -- at a news conference a day after the fatal shooting.

Chief Grady said that Kazmierczak's motive was not known. Nor were there indications he had any relationship with any of his victims who were mowed down as he fired more than 50 shots in a matter of seconds from a lecture hall stage, Grady said.

This is not unusual. There is no motive with these drug-related killings. The drugs have so profoundly affected the serotonin levels in the "medicated" person that any sudden increase or decrease in the dosage can result in insane homicidal behavior.

A former employee at a Chicago psychiatric treatment center said Kazmierczak had been placed there after high school by his parents. She said he used to cut himself and had resisted taking his medications. The desire to cut oneself is a typical symptom and a clear indication that the person is having serious side effects from the SSRI anti-depressants.


How can these doctors pushing these drugs be so ignorant of the side effects of the medications they prescribe to their patients?

★     ★

New World Order Mind Altering Drug Corporations Makes ...(Video)

★     ★

Dr. Ann Blake Tracy, the author of Prozac: Panacea or Pandora? has written extensively about the dangers of SSRI medications. The following extract is from Chapter 8:

It is appalling that within the legal community so little is known about the effects of the illegal mind-altering drugs. Even more appalling is the ignorance regarding the legal mind-altering drugs when it comes to their powerful intoxicating effect and the strong impact they have on one's behavior...

Withdrawal "Cold Turkey" 禁断症状

Another practice within our criminal system that we should be extremely concerned about is that prisoners who have been given mind-altering prescription drugs are subsequently released and withdrawn from the drugs "cold turkey."


Keep in mind that this withdrawal period is often the most violent and dangerous period of drug use.

The REM Sleep Behavior Disorder (RBD) is often referred to as a drug withdrawal state.

This "cold turkey" withdrawal approach can all too often produce a manic reaction or RBD, which can lead to criminal behavior. This is a very dangerous practice, not only posing a danger to the prisoner, but to society as well.

    

パキシル うつ コンサータ 麻薬 製薬会社営業の陰謀 新たなワナ
http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/d05aa210bf4f2d0b7fa24164f349d63b

--医療安全調査委員会は
米英欧製薬会社を守る立場で設けられた、
現場の医師に対する懲罰委員会--

薬の副作用を報告する現場の医師を懲罰で脅し

隠蔽に走らせ、

たとえそれに逆らって薬の副作用を報告しても、
八代尚宏のような 外資族知識人有識者委員が揉み消し
握りつぶし、隠蔽する。

加藤智大もパキシル禁断症状による精神錯乱海外の事件も同様

NPOの【薬害オンブズパースン会議
抗うつ剤SSRIの撲滅に本腰  
厚生労働省に副作用調査と警告の要望書提出

・タミフル同様、SSRI薬もこれでお終い--
これでやっと  狂った猟奇自暴自棄犯罪が無くなる

本来のNPO  腐蝕するNPO

日本肺ガン学会が大規模汚職

肺がんの抗がん剤、イレッサのガイドライン作成で
日本肺がん学会(NPOでしかも有識者会議)が
製薬会社から合法的に収賄

しかも日本肺がん学会は企業献金の開示を拒否した。

これは円天の時の大学教授の収賄と同じパターンだ。

・タミフルで有識者会議が汚職
有識者会議の有識者は製薬会社から献金を貰い放題。 
「タミフルの副作用は無い」とした有識者会議は
座長の横田俊平ほか三人がそれぞれ製薬会社から 
1000万円の献金を受け取っていた。 

有識者会議の特徴   
製薬会社からの献金を貰い放題。罪に問われない。   
・国立大学の独立行政法人化で
製薬会社からの献金を公表する法的義務が無くなった。献金隠し放題。 
・タミフルやSSRI薬を見れば明らかなように、
有識者会議の権威は完全に崩壊した。

このように有識者会議やNPOは一体化しており、
日本政府にすら逆らって 犯罪企業からヤミ献金を受け取り、
その便宜を図って犯罪を手助けしている。

しかも小泉改革は民主党河村たかし、姫井などのNPO族議員のせいで
NPOや大学教授、学会は 企業献金の公表義務が無くなったのだ

毎日新聞 - 2008年9月30日イレッサ:資金提供、
新たに1人 容認委員、製薬会社から受領--1700万円

--想起:Do Legalized Drug Pushers Influence TeenScreen? 
By John Carey
Big Pharma doesn't stop there. They are now busy making huge donations to pseudo-scientific and official-sounding mental health organizations and screening programs to push even more customers onto their drugs.
"Signs of Suicide" is a program developed by the non-profit group
"Screening for Mental Health, Inc."
Tax records show that donations from 2001-2004 included money from Solvay Pharmaceuticals: $27,500, Pfizer: $750,000, Abbott Laboratories: $35,000, Forest Labs: $153,000, Wyeth Pharmaceuticals: $100,000, and Eli Lilly: $2,157,925. Why would drug companies donate millions to implement mental health screening if not to increase revenue and profits?

    

We find that the world's No. 1 drug firm has two directorswho are partners of J. P. Morgan Company, one who is director of Rockefeller's Chase Manhattan Bank and one who is director of the Rothschild Bank, Manufacturers Hanover; most of the directors areconnected with vital defense industries, and interlock with otherdefense firms.

The No. 2 drug firm is Glaxo Holdings, with $3.4 billion insales. Its chairman is Austin Bide; deputy chairman is P. Girolami,who is a director of National Westminster Bank, one of England'sBig Five. Directors are Sir Alistair Frame, chairman of Rio TintoZinc, one of the three firms which are the basis of the Rothschildfortune. Scribd

Murder By Injection:
The Story Of The Medical Conspiracy Against America
By Eustace Mullins
http://www.scribd.com/doc/3920620/Eustace-Mullins-Murder-by-Injection

支え手(親2+祖父母4+etc)の1人に恵まれて

日本社会-- 家庭-- 父親の不在 断想

    

鈴木孝夫氏 『私は、こう考えるのだが』 以下抜粋

人間は ある社会で生まれ育つ際に、
ほとんど無意識に
親や 周りの大人が行なっている社会でのあいさつの仕方を学習して
自分も同じことをする


生まれた後で だんだんと 社会の中で身についていく
生きてゆくために必要な 知恵や知識の総体が 【文化】です。


親以外にも 祖父母 兄弟 周りの色々な人との 日常的な接触で、
うまく生きていくための 実践的な知恵を増やすことができました。

--親から子へ世代から世代へと受け継がれる取り決め【文化の継承】--

--動物でも、社会共同生活を営む種類には、
人間の場合と 極めてよく似た 文化行動が見られる--


生まれてすぐ親から離され
動物園などで 人工的に育てられたサルは、
体は立派でも サルの社会で生きてゆくために必要な
幼児教育を 親から受けていないため、
たとえ 元の自然環境にもどしても うまく生きて行けません。

--森の中で 生きてゆく すべを知らず、
--仲間と折り合いよく暮らすための 
--文化的対応能力も 身に付いていないからです。

「文化的しつけ」の欠如


一部の子供は 親が子育てに 昔ほど熱意がないため、
家では テレビっ子 といわれるような 
放置状態におかれ

一日の大部分を 
保育や幼稚で過ごす子供も 
少なくありません。

要するに

動物園という 人工的な条件のもとで育てられた子ザルが

本来の自然な環境に適応できないのと まったく同様に

今 

日本の多くの子供は 
経済的な理由や 様々な社会変化の結果
--家族との密接な接触が減少し
--「文化的しつけ」をいたまま
--社会不適応の状態で 学校に入ってしまう


子供には 
錨(いかり)をおろせる【心の結びつき】の存在が不可欠

集団保育では、1人の子供と 特定の大人との間に
特別な関係が うまれない
-- 【心の母港】を持たず
-- 情緒不安定 

--人間の子供は 生まれてから3歳くらいまでの間に
自分の周りに いつもいる ある特定の1人の大人
自分にとって 特別の人間だ と思い込むようにできている--

肝心なことは

誰でもよいが いつも特定の人が 幼児のそばに一定期間いることです。

それが母親ではなく 父親であってもよいし、

赤の他人であっても構いません。

子供は 成長の過程で 
何かがあるたびに逃げ込める【母港】があれば

そこで癒されて 元気を取り戻して、 
再び 社会という波の荒い海に 出て行けます。


両親とも家にいないことが多い

-- 子供を取り巻く 伝統的な私的人間関係が消滅し
--公的な施設で過ごす時間が増え
--機械的環境(TV、PC、自動販売機、携帯)の占める部分が増大

この現象】は
--限りない経済成長、いっそうの便利さ 効率の良さの追求こそ
人間に さらなる幸福をもたらす
--
という【考え】が生み出している

最近 アメリカに2、3年いても、 
一向に英語ができるようにならない若者が増えた

と 私の知り合いから聞いて
理由を尋ねたところ

アメリカでは 日本以上に
社会の機械化・自動化 が進んだことが考えられるという。

人と言葉を交わさずに暮らせるから 英語力が伸びないのだ、と。

肝心なことは

知識 としての言語教育ではなく、

ほとんど無意識に学習される 【文化】としての日常の言葉、

集団で生きていくための 知恵と価値観に裏付けられた

暗黙のルールとしての言葉

★ ★ ★

ジョン・テイラー・ガット『バカをつくる学校 』 訳:高尾菜つこさん 以下抜粋

すべては ここから始まった

ロックフェラー総合教育委員会の使命記述書(マニュフェスト)1905年 抜粋

『我々の夢は、人々が我々の作る型に おとなしく身を委ねることである。我々の使命はごく簡単である。子供たちを組織化し、彼らの親が不完全な方法でやっていることを、彼らには完全な方法でやるように教えることだ。 』

”大衆を厳しく管理すること”

つまり、学校は 公式どおりに行動する人間、コントロール可能な人間を生み出すために作られたのである。この役割は見事に果たされ、社会ではますます階級化が進んでいる。そこでは、「支配階級」だけに自立と個性が許され、それ以外の大衆は 問題にされない。

アリストテレスによれば、『人は、地域社会で積極的な役割を果たさないかぎり、健全な人間には なれない』 彼の考えが正しかったことは、学校や老人ホームを見れば、明らかである。

1995年の共働き夫婦の購買力は、1905年の単身男性労働者のそれを 8%上回るだけだった。 繁栄に対する実態は、両親を家庭から遠ざけ、子供たちを託児所や商業的娯楽施設といった管理体制に放り込ませた。子供たちをクラス分けし、互いに対立させることによって、階級構造を確立した。そして、富と権力を一部の人間に 危険なほど集中させた

Note:

Children who go to nursery full-time 'become antisocial'

Nursery for two-year-olds 'will harm toddlers' '08,09,22

http://www.thisislondon.co.uk/standard/article-23558627-details/Nursery+for+two-year-olds+'will+harm+toddlers'/article.do

Gordon Brown's plan to provide free nursery places for two-year-olds risks creating a generation of "institutionalised" children, a psychologist warned today.

The Prime Minister has said he wants to extend the 15 hours of free childcare from three- and four-year-olds to two-year-olds to increase parents' choice over how they balance work and family life.
But Dr Richard House, a child psychologist at Roehampton University, said the drive to get mothers back into the workforce could be harmful to very young children.

"In this first couple of years the parent-child relationships are absolutely vital," he said. "That is when a parent and child really get to know each other.
"If that is disrupted, one of the great concerns is that when the children get to eight, 10 or 12 they are not going to have that foundation. There will be children not getting on with their parents or turning delinquent."

★     ★     ★
New World Order Involvement In Illegal Immigration
By Mario Andrade

http://www.rense.com/general16/imm.htm

The New World Order is planning to turn this country into a nation of slaves, a nation of "cheap labor", a nation of submissive workers and consumers.

"I don't want a nation of thinkers.

I want a nation of workers."

--John D. Rockefeller

The Illuminati began to put their greedy plans to work in Mexico with the 1910 revolution.


The illuminatti saw those images and decided to BRING THAT TO THE US. Bring cheap labor. Bring those submissive workers. LETS MAKE LOTS OF MONEY!

Illegal immigration from Mexico is NOTHING NEW; it began shortly after the revolution took place ninety years ago.

The recent illegal immigration boom in California and the Southwest states is caused by fabricated armed conflicts in Chiapas, Guerrero, and Michoacan.

These conflicts are taking place among indigenous groups financed by the New World Order.


I think it's important to understand that most of the educational programs that are implemented in the United States stem from the National Education Association. And, the NEA was actually founded by John D. Rockefeller.
And John D. Rockefeller, I think, voiced the beliefs of this ruling elite that wants to try to homogenize our education system
when he was quoted as saying 'I don't want a nation of thinkers - I want a nation of workers'.

You think the purpose of education is reading, writing, and arithmetic? The purpose of education is to change the thoughts, actions, and feelings of students. Hitler wanted to control the educational system in Germany. Stalin did in Russia, Mao Zedong in China. You have to get a hold of the minds of the young where you break the person's values.
You break their understanding of their individuality. You bring them to consensus with the group. They become a member of the collective. It's Soviet education basically.

If they're gonna' have a global system of government, what type of government would that be? Of course, there are those now
that are touting the UN is the only answer, because our system is all flawed and our leaders are all screwed up and there's too much corruption here. Well they want to bring forward this world government through the UN Charter. Many people that support the UN Charter have never read it. And if they had read it and figured out where it came from, and compared the UN Charter to the United States Constitution they'll find that they're absolutely repugnant.

You can't have them coexisting.

So common sense tells me
that if the globalists want a one world government, they have to destroy the United States Constitution and our way of life. And, they've got to do so in such a way that we'll actually embrace it.

One of the things we're doing is developing all sorts of technology. Not to spy on the Russians, not to spy on the Chinese, not to spy on Osama Bin Laden, but to control the American people.

お子様ランチに見せかけた『毒』

ベンジャミン・フルフォード氏 '08,11,05
オバマは大統領になったので、
当然イスラエルに対して厳しい路線に変わるだろう。
『これからはアメリカが日本に頭を下げる態度に出るであろう。』


--なんだか 嬉しくなっちゃうような 見た目 楽しい内容

--実際は どうか?


暗いニュースリンク '08,11,06
2008年大統領選挙はバラク・オバマの勝利で終わった。 全米の民主党支持者は、ブッシュ政権の犯罪追求も忘れて すでにお祭りムード一色だ。
今回の民主党大勝は米国民がブッシュ政権の8年間にノーを突きつけた
・・・大手ニュースメディアはそう繰り返す。
ご冗談でしょう?
まだブッシュ大統領もチェイニー副大統領も弾劾されていないのに。
それどころかブッシュは、 任期最後の総仕上げとして、
支援してくれた業界のために、
さらなる規制緩和法案を練り上げている最中だというのに。

オルタナティブ通信 '08,11,05
米国大統領バラク・オバマの正体

米国次期大統領バラク・オバマの政策ブレーンが、
クーデターにより米国の政権を奪取しようとする
FEMAクーデター計画を作り上げた
ズビグニュー・ブレジンスキーであるのは、なぜなのか?

ブッシュ政権を実態として運営してきたチェイニー副大統領が、
オバマの親類であり、
オバマとチェイニーが「同一一族」であるのは、なぜなのか?

チェイニーのボスがイスラエルの「殺人株式会社」であり、

オバマが「私が大統領になった場合には
イスラエルを全面的に支援します」と強く語っているのは、なぜなのか?

Arabs shocked by Obama speech June 05, 2008 ALJAZEERA

Arab leaders have reacted with anger and disbelief to an intensely pro-Israeli speech delivered by Barack Obama, the US Democratic presumptive presidential nominee. Obama told the influential annual policy conference of the American Israel Public Affairs Council (Aipac): "Jerusalem will remain the capital of Israel and it must remain undivided."
His comments appalled Palestinians who see occupied East Jerusalem as part of a future Palestinian state. Saeb Erekat, the chief Palestinian negotiator, told Al Jazeera on Thursday:


"This is the worst thing to happen to us since 1967 ... he has given ammunition to extremists across the region".
"What really disppoints me is that someone like Barack Obama, who runs a campaign on the theme of change - when it comes to Aipac and what's needed to be said differently about the Palestinian state, he fails."

"I say to Obama ... please stop being more Israeli than the Israelis themselves, leave the Israelis and Palestinians alone to make decisions required for peace." Mahmoud Abbas, the Palestinian president, rejected the statement, saying: "We will not accept an independent Palestinian state without having Jerusalem as the capital.
★     ★     ★

想起: ベンジャミン・フルフォード氏 VS 森田実氏

ベンジャミン・フルフォード氏 08/10/2007
民主党の小沢代表のお陰で アメリカは戦争ができなくなりそうである
小沢代表が前から
国連の平和軍として自衛隊を利用すべきと述べているのは正しいと思う。
アメリカの石油泥棒戦争を支持した自民党の幹部は日本の恥である。

↑4行目以外、NG
民主党小沢氏→平和←国連平和軍 
【平和】とは程遠いもののイメージを上げる手法--』 

【国連】の”平和軍”に【自衛隊】を差し出す任務

なぜ、ベンジャミン・フルフォード氏も小沢氏も”国連好き”か?


--国連--One-World Government -- One World conspirators

忍野昭太郎氏 『悪魔の使者 小沢一郎 裏で操るのは何者か
--小沢は日本が平和維持のために積極的な活動をするため
国連中心主義」を打ち出す。
国連」は 日本人にとっては”平和の使者”というイメージがある。
だが、これこそが日本人が抱く最大のイルージョン(幻想)である。
国連のパワーの源泉は、ユダヤ・フリーメーソンそして【世界支配層】である。

【パールハーバーと新BIS規制】画家はアッチ

2008.9.26(その2) 森田実の言わねばならぬ【694
いま、日本が戦争に巻き込まれる最大の危険は、

アメリカのアフガニスタン戦争に加わることにある。
アフガニスタン戦争が最大の危険要素になっている。 
アフガニスタンでは国際治安支援部隊(ISAF)が戦闘を展開している。
米国政府は日本の自衛隊がISAFに参加することを求めているが、

日本国憲法第9条は、
日本の領土・領海外での自衛隊の軍事力行使を禁止している。
 

ところが小沢一郎民主党代表は、

国連決議があれば日本の自衛隊はどこへでも出動し、
軍事力を行使できると主張している。
国連決議があれば 
憲法が禁止している集団的自衛権の行使は可能だ
との考えに立っているようだ。


森田実の言わねばならぬ【583
'08,08,28 以下抜粋

国連至上主義は日本国の主権の否定につながるおそれがある。
国連決議至上主義は危険である。
国際紛争の解決を日本に押しつけるため、
米、中、露、仏、英の国連常任理事国5カ国が談合して
国連決議を行なうことは十分にありうる。

そのとき、国連決議至上主義者の小沢一郎氏が首相であれば、
米、中、露、仏、英5カ国の談合結果を呑まされる恐れが強い。

日本が利用され弄ばれる恐れなし、とはとうてい言えない。 
日本は国連安保常任理事国ではないから、拒否権を持っていない。
日本は国連決議を拒否できないのである。
「拒否できない」日本が
国連決議至上主義の立場をとることはきわめて危険である。 

小沢代表の
国連決議があれば武力行為も行なうという「戦争志向」は危険だ。


日本の政治が第一に尊重すべきは日本国憲法であり、
民主党はこの原則を守らなければならない。 

国連決議さえあれば自衛隊を世界中どこへでも派兵するというのは、
憲法第九条に明確に違反していることなのだ。
日本は主権国であり、日本国憲法が日本の基本法である。
日本国憲法が基本であり、国連はそれに次ぐものである。
国連を日本の上におく考えは、根本的に誤っている。 

多くの国民は自公連立政権に飽き飽きしている。
国民の中に起きているあたかも民族移動のような自公連立政権離れが、
小沢民主党政権樹立への流れを後押ししている。

これは、いわば自然の流れである。古い自民党が滅びるのは当然である。

だが、国民が努力して小沢民主党政権を樹立したとき、
小沢内閣が日本国民をアフガン戦争に巻き込むようなことになったら、
日本国民は、それこそ浮かばれないのである。
このことはいまから警戒しておかなければならない

お子様ランチ(ベンジャミン)VS 大人の味(森田氏)
お子様ランチ(楽しく美味しそう)に見せかけた『』で
事実(苦い味)を 覆い--

--改憲に向かわせる動きと 連動

河辺一郎氏 2004,11,15 (SENKI)
日本が国連でこれまで何をしてきたのか。

例えば軍縮問題--
90年には150カ国が賛成、アメリカだけが反対、日本だけが棄権
対人地雷問題、国際司法裁判所規定についても同様。
イラク爆撃--爆撃開始後、安保理理事国15カ国の12カ国が揃って
「遺憾」を表明する中で、日本だけが明快に爆撃を支持

国際貢献」=「憲法を乗り越えるための国内向けの理屈」として使用。
今回のイラク爆撃に際しても、日本は米国への軍事協力に
国連協力」という名目を付けられるように大活躍
--政府のこうした意図を分かった上で誤魔化しているのは、
北岡伸一(国連大使)。

北岡が言いたいのは要するに改憲しろということです
それをストレートには言わず、
一般の方が読んでも分からないような形で表明する。』


『困るのは、「日本が常任になって平和憲法の理念を推進すべきだ
なんて無邪気に主張する人たちが出てくることです。

それが井戸端会議での話ならともかくも、
著名なジャーナリストや学者だったりするから本当に困る。

政府の側はその効用をよく知っています
政府の目的をよく理解している人間を審議会の座長に据えて、
無邪気な論者たちを周りに配置しておく

この構造は見ておかねばなりません。 』

--甘い言葉【酔わせて--容易に奪う--Genocidalists
Genocidalist - One who promotes and/or institutes and/or assists with the systematic extermination of a racial group in any way, including miscegenation.

暗いニュースリンク 『ブッシュ政権の提示した戦争の大義という嘘を信じて死んでいった田舎出身の若い兵士たちや、理由もなく虐殺され、巻き添えに殺されたイラク国民たち・・・その1人1人に家族と名前があった人たちの棺から聞こえる無念の声や、墓前に集う人たちの声が、新大統領の演説のように全米にライブ放送されることは決してない。』

Hard Evidence Repudiates theHypothesis that
Mini-Nukes Were Used on the WTC Towers
Letter, by Dr. Steven E. Jones
28 Sept 2006 Updated Jan. 2007 PDF

ヘブライの館
日本に圧力をかけるシオニスト組織「SWC」
サイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)の実態
(注)一般ユダヤ人のための擁護団体ではない
フロントにユダヤ人を配置(いつものことながら)

ユダヤ人全体に憎悪を向けさせる装置=世界統一政府 中枢

http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html

現在、「SWC」は「創価学会インターナショナル(SGI)」と連携している。
現在、「SWC」は、「統○協会」とも友好関係を結んでいる。
「統○協会」は、1982年にアメリカで新聞『ワシントン・タイムズ』を創刊、
イスラエルのシオニズム活動を熱烈に支持し、
最近ではイスラエルの右派リクードを支援している。
教祖である文鮮明は、次のような言葉を口にしている。
「2012年までには神の摂理のすべてを完成させなければなりません。
イエス様が2000年前に受け入れられずに失敗したすべてを
蕩減(とうげん)しなければならない。
キリスト教徒はユダヤ人と共にそれを成し遂げなければならない。
私は私の100%の力を投入し、
イスラエルを救うために歩む覚悟でいます。」

「SWC」の副館長であるラビ、アブラハム・クーパー
個人的に言うと、私は原爆投下は戦争犯罪だと思っていません。
◆編集部 :それは納得できません。
非戦闘員の殺害は明らかに戦争犯罪じゃないですか。
◆クーパー: ノー。
戦争というのは非常に悲惨な出来事なわけですけれども、
2つの原爆を落としたことで、戦争が終わったという事実はあるわけです。
もしトルーマンが原爆を落とさなければ、さらに多くの死傷者が出たでしょう。
(以上 典型的なユダヤによる洗脳) 
キリストの居ない”キリスト教”

【毒】の観点から...なわふみひと氏 なわのつぶやき記⑯
“確信犯”と見られる人物 デーヴィッド・アイク
デーヴィッド・アイクの著書に含まれた最大の
宗教(特にキリスト教)はレプティリアンが
世界支配の道具として考えたものである
だから聖書(新約聖書)もその目的のために彼らが創作したもので、
イエスは実在の人物ではない」という内容です。 
これこそ、アイクによって 「レプティリアン」という 新しい表札をもらった
真の世界支配層が世間に広めたがっている
究極の「嘘」 ということができるでしょう。



忍野昭太郎氏 『混迷日本にとどめを刺せ』

クリントン大統領の原爆投下 正当化発言
世界ユダヤ人会議における演説の中で行なわれたものであり

日本に投下された二発の原爆が
ユダヤ巨大財閥のもとにユダヤ人科学者たちによって開発され
ユダヤ財閥の番頭であった民主党大統領トルーマンによって
行なわれたことを考えれば

ユダヤ勢力が 日本に 何をしようとしているか見えてくるであろう。
日本は ユダヤによって 
国家破壊されないように万全の体制を敷くべきである。

「世界支配層」は 日中を常に対立させ
日本をもって 中国を牽制し
中国をもって 日本を牽制する高等戦術を駆使するであろう。

その 罠 に落ちたとき日本の運命は 過酷なものとなる。

オルタ 『毒入りギョウザの犯人
米国次期大統領候補バラク・オバマの政策ブレーン、
ズビグニュー・ブレジンスキー

ロックフェラー直系の部下(?)であるブレジンスキーの戦略は、
世界をアジア、ヨーロッパ、南北米大陸に分割し、
この3極を「相互に争わせ」、
バランス・オブ・パワーを作り出し、「分割統治」する事である。
日本と中国の戦争がバランス・オブ・パワーのために必要とされる。

日本と中国との対立を「アオル」ために、現在、
日本のマスコミは中国批判を騒がしく展開している。
日本のマスコミの目的は、日本と中国を戦争に導く事である。
そのために中国製ギョウザに毒物が混入され、
日本と中国の感情的対立を「アオル」戦略が取られている。
補足汚染米は【米国から】という情報は 遮断されている

踊らされてはならない。

    

ベンジヤミン・フルフオード、北海道アリ・ババ作戰を開始する
投稿者 石工の都仙臺市
http://www.asyura2.com/09/bd56/msg/150.html
    

60 Years of the Nakba
May 2008 marked 60 years of the Nakba, the catastrophe. Sixty years ago 700,000 Palestinians were expelled from their homes and 350 Palestinian villages were destroyed by the Israeli army and militias. Among the most infamous war crimes committed was the Deir Yasin massacre. To this day, Israel has refused the return of 6 million refugees. The Palestinian Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel issued an appeal, signed by many Palestinian organizations, stating that "Sixty years ago, Zionist militias and gangs ransacked Palestinian properties and destroyed hundreds of Palestinian villages. How can people of conscience celebrate this catastrophe?"

Life Line to Members of the New Apostolic Church
http://www.lifelinetonac.com/signsofthetimes/thebeastandislam.html

“What I'm going to tell you is what I learned in secret briefings in the Vatican when I was a Jesuit priest, under oath and induction. A Jesuit cardinal named Augustine Bea showed us how desperately the Roman Catholics wanted Jerusalem at the end of the third century. Because of its religious history and its strategic location, the Holy City was considered a priceless treasure. A scheme had to be developed to make Jerusalem a Roman Catholic city. The great untapped source of manpower that could do this job was the children of Ishmael. The poor Arabs fell victim to one of the most clever plans ever devised by the powers of darkness.

Hundreds of settlers invade Aqsa Mosque's yards
under police protection '08,10,16
The Palestinian Information Center
OCCUPIED JERUSALEM, (PIC)-- Hundreds of Zionist settlers heavily guarded by Israeli police broke into the yards of the Aqsa Mosque Wednesday evening from the Maghareba gate whose keys had benn stolen by the IOF troops during the six-day war in June 1967.

忍野昭太郎氏
麻原が実行しようとした日本の国家転覆計画は、
闇の組織と人物によって支援されており、
その先は朝鮮半島、ロシア
そして「世界支配層ユダヤ・フリーメーソンにつながっている。
創○学会が
「世界支配層」ユダヤ・フリーメーソンの下部組織であることは明白
オウムが使用している全国の各施設・ビルや事務所は
なぜか以前統○教会が持っていたものであり、
そこには何らかのつながりがあったと見るべきである。
朝鮮半島、オウム、統○教会、創○学会は、
ただならぬ関係を秘めて、日本列島に重くのしかかっている。

Since 1967, about 12,000 Palestinian homes have been demolished.
740 of those homes were demolished during the Oslo Peace Process.

---Arab leaders have reacted with anger and disbelief to an intensely pro-Israeli speech delivered by Barack Obama...

オルタナティブ通信
WTOの起源
現在、ジョンズ・ホプキンス大学では、「いかに市民運動を支配し、有名無実状態へとコントロールするか」というテーマで、「NPO研究プロジェクト」が推進されている。市民運動への資金提供、大学教授、ジャーナリスト派遣による講演会を用いた政策誘導=コントロール、市民運動家への電磁波兵器使用による発病、内紛の誘発等、様々な「破壊技術」が研究されている。当然、ラッセル社を創立したフォーブス一族の雑誌「フォーブス」出身の、外国人ジャーナリスト等がこれに含まれる。こうした組織からの資金提供、講師、ジャーナリスト派遣、取材等、厳しくチェックされなくてはならない。この「NPO研究プロジェクト」=市民運動破壊プロジェクトの指揮官は、FEMAと傭兵を使ったロックフェラーのクーデター作戦を「作成」したズビグニュー・ブレジンスキー
米国次期大統領バラク・オバマの政策ブレーン
である。

ブレジンスキーのボスはロックフェラーであり、
市民運動破壊担当ジャーナリストは、ロックフェラーと親密に「握手」する。
ロックフェラー来日の目的 '07,11,21 
麻薬企業ラッセルの創立者の雑誌「フォーブス」の評論家は、「このままでは日本は外資に乗っ取られる」と主張し、自民党政権打倒のための「ヤクザ資本主義の克服」という「武器弾薬」を与え、ロックフェラーの代理人・小沢一郎を推薦し、天皇と日本の民族主義を掲げているが、
実態はロックフェラーの代理人であった。  

ベンジャミン・フルフォード氏 '08,11,10
ロスチャイルド家が今回の金融危機で相当のダーメジを受けたため、
イギリスの首相と共に石油輸出国に頭を下げ、
なんとかお金を借りようとしているように見受けられる。』

オルタナティブ通信 '08,11,11
『金融恐慌のような「大きな価格変動が繰り返される時期」程、デリバティヴ投資は「威力を発揮する」。銀行倒産劇を演じ今までの借金をチャラにし」、政府から「救援資金を無料奉仕」してもらい、極秘に設立したデリバティヴ会社で暴落と急騰を繰り返す金融市場を「操作し」、莫大な利益を上げる。

これがユーラシア帝国建設に際し、
莫大な社会資本整備=インフラストラクチュア費用を
調達するための「三種の神器」である。  

この戦略を「見えなくさせ、煙幕を張るために」、
ロスチャイルドの「手下の評論家」達は、
ロスチャイルド、ロックフェラー時代の終わり、
ロスチャイルドが、どこかで頭を下げた」等の、デマ宣伝に忙しい。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

北風と太陽(イソップ物語) 
内容:http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10035/tales/world/sun/sun01.html

奨学金に利息をつけ”借金漬け”にし--人身御供”平和軍”--”” 入手
"To preserve our independence, we must not let our rulers load us with perpetual debt." - Thomas Jefferson

燃料補給のような食事-- 石田徹也氏
 
派遣で働く若者の言葉 
『人を配置することを、
(たま)を込める”って言うんですよ。モノ扱いです』
ワケアリの非正規雇用--給料は正規の3分の1

フルフォード氏の役割--【太陽】--”家畜”を檻(おり)に ”あたたかく”誘導
-------------------------------------------------
時間を有効に

門番
【焦点をずらし ユダヤ人hate 憎悪⇒War誘導】
【イエズス会 /バチカン問題を避け 真実を隠蔽】

(注)「オルタナティブ通信」NG箇所 

Illuminati を語る者陰謀論者nuts ばか者 変わり者」
悪いイメージの「レッテル」を張り 近寄らせない(迂回させる)
「陰謀論」「阿呆」を 脳に叩き込む(クイズの回答のように)

自民党=民主党 オルタ '09,07,18 
メーソン、イルミナティ= ”役立たずの社交クラブ”--NG

---ブッシュのNew World Order 宣言には触れず
http://www.vaticanassassinsarchive.com/kolvenbach.htm NWO
William Cooper-Behold A Pale Horse  Open Source Audio
http://www.archive.org/details/WilliamCooper-beholdAPaleHorse

The shadowy "Illuminati" was in fact founded by a Catholic Jesuit,
a professor of Cannon Law, who was working for the Pope
- Adam Weishaupt.

ミッドウェー「MI」--日本の中枢がユダヤ派だった

)タイトルにある 「ユダヤ派」  正確には「誤り

日本兵を大量にムダ死にさせた 山本五十六


『山本五十六は生きていた』 忍野昭太郎氏 以下抜粋

ミッドウェー環礁-- ハワイの北西1800キロ
約10キロにわたって広がる 小さな島嶼(とうしょ)
島嶼=(「島」は大きなしま「嶼」は小さなしま) 大小のしまじま

この地点を攻略することにより
東京大空襲の阻止はもちろん、ハワイの再爆撃も可能であった。

ミッドウェー攻略作戦は 秘密裡・迅速に遂行
-- ところが
なぜ暗号が 米軍に筒抜けになるか--

山本五十六長官は 暗号の変更を 伸ばし伸ばしにし
アメリカ側に 「MI作戦」の全貌を知らせた上で
日本海軍の総力を投入し その壊滅を策謀したのである。

日本は 勝てる戦争を 敗れるべくして 敗れたのである。

真珠湾攻撃の時も ミッドウェー攻略作戦も
山本長官の 強引な主張によって計画されたものであった。

--ミッドウェーが、アメリカ最大の海軍基地ハワイの近くであり、
戦略的に 日本が不利なことは 一目瞭然である。

にもかかわらず、山本長官が ミッドウェーに固執し

一歩も譲らなかったのは

ルーズヴェルトとの間に 秘密の協定があり、

日本の連合艦隊を 
ここで壊滅させる約束をしていたからに違いない。

そもそも ハワイ真珠湾で 
航空機による奇襲攻撃を実施し、
航空機のもつ 破壊力と重要性を
わざわざ アメリカに教えたことのみならず、

生産力では 圧倒的に勝るアメリカが
このことを教訓に 大量生産のもと
航空戦力の 飛躍的増大をはかったことは

山本長官の 決定的ミス--実は陰謀 ではなかろうか。

フリーメーソン 山本五十六長官は、
フリーメーソン33位階 ルーズヴェルト大統領や
フリーメーソン チャーチル英首相との約束を
死守したのである。


★     ★     ★

渡部悌治(わたなべ ていじ)氏 
『ユダヤは日本に何をしたか』 以下抜粋

戦時中、米内光政の身内や縁故者たちから、
国の機密に属する事柄が 敵国に流されていたことは事実であり、

しかも その事柄が、
日本の戦争遂行を不可能にするほどの
重要なものであったことを 特筆しておく。

また、この縁辺の者のうちには、
首相であった東条の鎌倉での生活費を賄っていた者もあり、
それらを取り巻く近親の者たちの言動から察知された国家機密が、
直ちに 敵国に通報されていた事実も 明白になっていた。

日本に張りめぐらされていた敵国のスパイ網は、
ミッドウェーの完敗を喫したように、
誰かが写真に撮り、--盗聴し-それを集めて--通報するような
スケールの小さいものばかりではなく、

はるか以前から 計画的に仕組まれ、
長年かかって出来上がった全日本的なものが多く、
単に一回的なものだけではなかった。

ミッドウェー海戦では、日本の攻撃の日時から 
空母の接近する方角まで通報されていた。

戦時における機密の重要性と 
情報の漏洩の結果とはどのようなものか---

なにも チャーチルに聞くことはない。
日本は それによって再起不能になった。

ミッドウェーにおける敗戦は、
ウルトラ=米軍の対日暗号解読作戦 によったものではない。

最も怪しい人物は、ユダヤ問題の犬塚惟重(いぬづか・これしげ)と
国際連盟に籍をおいた稲垣守克(いながき・もりかつ)とである。

彼らが通報したのである。

日本の財閥と称されていた者たちが、

実は ユダヤの出店であり、

日本の大会社や 一流商社が彼等の資金によって賄われ、

大工場等 諸施設までが、
すべて 技師を装った敵側の諜報員たちによって 
設計されてあったのだから、

日本の国全体が、
そのままそっくりユダヤの諜報網の中にあった

★     ★     ★

鬼塚英昭氏原爆の秘密 国内編以下抜粋

『米軍の情報によるとね
明日 6日、広島に新型爆弾を投下するから
非戦闘員、

つまり 坊やとか 女子供 年寄りの人たちは
今夜から 郊外へ避難せよ と通告している。

それを 知らせてあげようと思ってね。

-- 兄さんも避難したいが、兵隊だから それは出来ない。

しかし、坊やなら出来る。生徒さんだから どうにでもなる。


--- 私は 
『数多くの予告がなされた』--- と書いてきた。

これは アメリカ陸軍省のルートではなかったのかもしれない。
良心を持つ兵士達が 上官を裏切った行為だったのかもしれない。 
第二総軍の真の狙いは、そのようなアメリカの良心的行為を
封じ込めるための行動であった と考えると 辻褄が合うのである。

広島に原爆が落ちる という情報は 

一部の憲兵のみが知るだけで
封印された。

★     ★     ★

『最後の強敵 日本を撃て』最終亡国編  忍野昭太郎氏 以下抜粋

日本が 金融恐慌になり 国家破産して喜ぶのは
もちろん ユダヤ「世界支配層」である。

日本の経済を 破綻させ
株式市場を 破壊し
企業を 倒産に追い込み

その株式を ただ同然で買い占めれば

企業支配は 思うがままだ。

こうすれば 合法的に 日本を乗っ取ることが可能である。

アメリカの支配を画策したロスチャイルドをはじめとする
ユダヤ「世界支配層」は
1929年 ニューヨーク証券市場の大暴落を仕掛け、
紙切れ同然となった株式を 買い占めて

その後、 ほとんどのアメリカ企業を 支配した。

日本でも まったく同じことが行なわれるのであろう。

悲嘆にくれる日本人の前に

ユダヤ勢力は 慈悲深い天使のごとく現われ

日本人に 救いの手を差し伸べる。

この時 日本人は 

感動の涙を流すに違いない。

---自分たちを絶望のどん底に突き落としたのは
実は 彼らだったとも知らず


想起:袖井林二郎氏 『拝啓マッカーサー元帥様―占領下の日本人の手紙


なわのつぶや記7 山本五十六が日本を敗戦へ導いた

「フリーメーソン」を「イエズス会」に置換-クーデター編



"Behold a Pale Horse" by William Cooper
The secret power structure is toward a totalitarian socialist state (fascism).
It is not the Jews, although some very wealthy Jews are involved.


THE SECRET TERRORISTS by Bill Hughes
PDF

The Rothschilds were Jesuits who used their Jewish background as a facade to cover their sinister activities. The Jesuits, working through Rothschild and Biddle, sought to gain control of the banking system of the United States.

William Cooper= Bill Cooper
"Behold a Pale Horse"

The secret power structure is toward a totalitarian socialist state (fascism).

It is not the Nazis, as they were a product of this power structure.
It is not the Jews, although some very wealthy Jews are involved.
It is not the Communists,as they fit the same category as the Nazis.
It is not the bankers,but they do play an important role...pg.101

★    

ユダヤ人】をイルミナティ・世界支配層の仮面】に利用
共産主義は  ユダヤ・タルムードの所産
共産主 義は世界統一政府の所産
--ヴァチカン/イエズス会の犯したユダヤ人を含 むホロコーストは隠蔽
--ヴァチカン/イエズス会の捏造したユダヤ人だけのホロコーストを宣伝

ユダ ヤ人】全体をイルミナティ・世界支配層の仮面】に利用
ユダヤ人に憎悪を向けさせる トリック
イスラエルにいる人々も今、狙われている
サイモン・ヴィーゼン タール・センター=世界統一政府 中枢

サイモン・ヴィーゼン タール・センター 役割: 真実の隠蔽

...why haven't the Christians of America been allowed to learn the fact that in addition to the 6 million Jews murdered by the Nazis, somewhere between 7 and 12 million non-Jews were also ruthlessly liquidated in Hitler's Germany?

I believe this information has been intentionally suppressed because those who were killed were largely Christians, and the covert forces which control the reality of the American public today do not want the followers of Jesus Christ in our nation to awaken to their peril ...until it is far too late. Hitler hated not only Jews and Judaism, he also hated Christians and Christianity as well. Why was that? Because Adolf Hitler, just like Margaret Sanger, was a disciple of theosophy and of Madame Blavatsky, the founder of a religion that worshipped Lucifer. Accordingly, both Margaret Sanger and Adolf Hitler were energized by the same "dark, spiritual forces."

"The Population Control Agenda" by Stanley K. Monteith, M.D.

PDF

The Jesuit genocide killing 90,000 Japanese (YouTube) Jesuits up to some dirty tricks in Japan 6 Jesuit scientist from Jesuit powerhouse Georgetown university kill 90,000 innocent Japanese.