宣伝相 ゲッペルスがドイツ国民に与えた19の警告

『あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい』'79 モルデカイ・モーゼ著
訳: 久保田政男氏  抜粋

【一般ユダヤ人】を陥れるために、Roma Vatican
イエズス会/イルミナティが【ユダヤ】に改竄した可能性が非常に高い。
下記【ユダヤ】の文字を世界支配層(NWO)に置換して読んで欲しい。


アルベール・トーマが来日し、
日本へ 階級闘争の激化工作をしようとしたとき、
その前に立ちはだかったのが、日本の強固な家族制度だった。

『日本では家族制度が強固なため、
階級闘争-- 労働運動の激化を仕掛けることは 非常に困難である。

なぜならば、
労働者は失業しても 労働運動など する必要はない。

家族が 温かく迎え入れてくれるからである。

この家族制度をなんとかしない限り、

日本へ階級闘争を持ち込むことは難しい』

アインシュタインも 来日した時、
日光の金谷ホテルからドイツのユダヤ機関へ手紙を書いているが、
その中に、日本の家族制度の立派さを書いているのである。

★     ★     ★

かくの如く、日本の家族制度は 類(たぐ)い稀(まれ)な存在であった。

戦前の日本の家族制度には とても及ばないが
現在世界中で 一番 家族制度を強固に有しているのは
我々 ユダヤ人社会であろうと思う。

この点、我々は 常に それを誇りとしている。

★     ★     ★

ここで 日本人に お詫びしなければならないのであるが

この日本の素晴らしい家族制度を 破壊したのは

我々 ユダヤ人なのである。

具体的には、占領改革の時 ニューディール派が行なった。

★     ★     ★

先例がある。

ロシア・クーデターの後、ユダヤ勢力はソ連において
「婦人固有」政策を押し付けている。

女は家庭に縛られることなく
一定の夫に貞操を守る義務がなく
子どもは 国家が養育してくれるのであるから
母として(子どもを)世話する必要もなく
労働に 男と同権で参加できる

今日、ソ連で女が男と同様の重労働に精出しているのはこの名残である。

★     ★     ★

極端な”動物回帰政策”は

当時のニューディーラーの強権をもってしても

日本では できなかったのであるが

姦通罪をはずすことにより、

巧妙に 性風俗の低下に拍車をかけ、

家族制度の破壊を 加速化したのである。

夫婦同権とすれば
家庭内に 互いに相(あい)譲(ゆず)らざる2人の権力者が出来、
その調和を乱し
家族制度の破壊に導くことができる。

家庭内の調和が乱れると

核家族化現象も 促進されよう。

子は 親の面倒を 見なくなる。

★     ★     ★

昔からユダヤ人の間では
医師、弁護士 になることが勧められていた。

これは、社会的存在によるものではなく、
これら二つの職業が、
家庭内秘密にタッチする機会の大きいものであり、

家族制度の破壊のための武器となる という計算づくのことであった。

★     ★     ★

『心を置き去りにした日本人 あと半分の教育』
井深 大(いぶか・まさる)氏 ソニ-創業者  以下抜粋


「わが国として気をつけねばならないことは
わが国に向けられている 数々の企てである。

それは、愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義 過度の自由要求
道徳軽視、3S(スポーツ・セックス・スクリーン)の奨励、
ことなかれ主義の政策、無気力・無信念、義理人情の抹殺、
俗吏(ぞくり=役人をあざけっていう語)・属僚(下級役人の仲間)の横行、
否定・消極主義、自然主義、刹那(せつな)主義、尖端主義、
国粋主義の否定、享楽(きょうらく)主義、恋愛至上主義、家族制度の破壊、
民族的歴史観の否定。

以上 19の企(くわだ)てをもって、
わが国の持っている 非常に理想的なものを潰そうとかかってくる
強い勢力がある」 (『あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい』抜粋)

私は この文章を読んだ時

これこそ まさに 戦後から現在に至る日本の姿ではないかと思い、
愕然(がくぜん)としてしまいました。

誰の言葉だと思いますか。
実は これは
1934年、ドイツの宣伝相 ゲッべルス
ドイツ国民に与えた 19の警告なのです

ゲッべルスは、”非常に強力な超国家的勢力”(すなわちユダヤ人)が、
文明の破壊にもつながる心理戦、
神経戦を挑(いど)んできていることを察知し、
これに対して ドイツ国民は十分に警戒せねばならない と考えました。

この心理戦、神経戦の目的とするところは、
人間の誠実性を低めることにより
現存する国家を 内部からむしばんでいこうとするものであると判断し、
そうした”悪(あ)しき企(くわだ)て”を 
19の明快な言葉でとらえ直したうえで、
国民に向かって 警告を発し、抵抗への奮起をうながしました。

ゲッペルスが、これら19の”悪しき企て”を総称して、
人間獣化計画”と呼んでいる点も、
日本人の別名 ”エコノミックアニマル”と対応しているようで、
大変 興味深く思われます。


★     ★     ★

『あるユダヤ人の懺悔 日本人に謝りたい』'79 モルデカイ・モーゼ著
訳: 久保田政男氏  抜粋

これらが 日本人の間に巣食ってしまうと、

楽しみは ただ 「カネ」ということにならざるを得ない。

すべてを「カネ」のために、という思想が 

強烈なものにならざるを得ないのである。

いわゆる エコノミックアニマルの徹底振りである。

高度成長面のほとぼりも冷めた 今日

日本人が真剣に取り組まなければならないのは
この 精神衛生上の虚無性 である。

★     ★     ★

戦後生まれの人たちには ピンとこないかもしれないが、
これらは 正常な人間の頭で判断すれば
人類の文明の破壊につながるものであることは 一目瞭然である。

人間の純度を落とし、本能性に 回帰させようというものである。

第二次世界大戦が終わってみると、日本へは これら一連の風潮が

忍者の如く忍び寄って 


完全ともいえるほどに定着してしまったのである。

一体 誰が 巧妙に持ち込んだのか。

さらに、忠実な残置諜者(ちょうしゃ=スパイ)とでもいうべき、これら病巣を
タブーとして固持、培養している勢力は 何か。

その勢力と、これを持ち込んだ勢力との関係は如何。

今日の日本にとって 最も大切なことは
これらを解明することではあるまいか。


    

日本人の脳を「白痴化」し「精神を堕落させる」計画
日本社会-- 家庭-- 父親の不在 断想
節約した人件費の向かった先--凶暴化した日本
世論が「厳罰化」を望む中で.. 監視社会の到来


NOTE:
★抗うつ剤-- 麻薬--LSD★  
参照: 新世代の抗うつ剤を飲む前に ”ネットで調べた?”

医者からの安心処方/ロリポップ(candy)のように 抗うつ剤SSRI 服用


浜六郎氏 「最近、軽い鬱症状やパニック発作だけでも気軽にパキシルを処方する傾向にありますが、とんでもない間違い。パキシルが合わず強い副作用が出て、自殺や事件を引き起こすことは少なくないはずです」1999年の全日空ハイジャック事件の西沢裕司元被告や2001年の大阪池田小事件の宅間守元被告も、SSRI系の坑鬱剤を処方されていた。
海外でも SSRIがらみの不可解な殺人事件 訴訟騒動は数多く起きている。
抗うつ剤を「麻薬だ」 検査ミスで誤認逮捕 警視庁
予備検査で合成麻薬MDMAに似た反応が出たため、
抗うつ剤を所持していた男性を現行犯で誤認逮捕 '07,7,25 asahi

MDMA大量密輸で逮捕 黒幕はイスラエル人 
⇒MDMA9万錠を密輸 イスラエル人逮捕 '08,4,24 西日本新聞

「『人を殺せ』という内なる声が聞こえた」横須賀/米兵Professor McCoy Exposes the History of CIA Interrogation:They gave them LSD and other drugs to see what effect they would have. They did that on Army soldiers through the Army Chemical Warfare Division...
LSDで洗脳する行動変化実験


精神医療の問題点 '08,02,15 

教祖は麻原彰晃--
しかし、教団内にイニシエーションのため…と称してLSDを頒布させ、
電気ショック療法を基に考案されたヘッドギアを装着させ、
教祖をはじめ多くの信者を「狂信者」にしたてたのは、精神科医であった。


LSDは非常に強烈な幻覚剤であり、
スイスの製薬会社「サンド」にいた研究者「ホフマン」が
製造したのが始まりである。

現在でも多くの精神科医がLSDを精神障害の治療のために・・・と言って
このとんでもない薬物を合法化させようとしている。


オウムを扇動した精神科医

精神科医 佐々木の讒言(ざんげん)を受け入れたオウムは
急速に凶悪化・武装化
をはじめていった。
不十分な栄養状態、疲労し切った身体
LSDのような強烈な薬物が入り、
トリップしている間に「ポアしろ・・・」などと刷り込むやり方は、

アルカイダやKGB得意とする手法であり、
人間爆弾の製造を目論む者にとって願ったりのものである。


オウムも真っ青--浜松医大
電気ショックに至っては、「電気痙攣療法」と名を変え復活してきている。
脳内に電極を埋めこんで、行動修正をはからせようという取り組みが
浜松医大などで盛んに研究が行われている。オウムも真っ青である。

Kebichan
'08,02,17
「画期的」と散々もてはやされた、
ロボトミーに代表される精神外科手術は何をもたらしたのでしょうか?
その画期的な治療は、殺人者を生み出し、
「生きていても仕方がない」と考える人を作り出したのです。


米陸軍の幻覚誘発薬研究の実態が明らかに

Sharon Weinberger '07,06,05 wired vision
陸軍の医師たちは、
敵兵を無力化する化学兵器の開発を目的とした実験の中で、
有志の兵士たちにマリファナやLSDなど
20種類以上の向精神薬を投与したと、
この研究を行なった精神科医が新刊の回想録で述べている。


アメリカの製薬会社は完全に暴走し、日本なども巻き込まれた
もともとSSRI薬プロザックは新しい発明品ではなく、
70年代に開発されたものだが、
覚せい剤幻覚剤 LSD類似作用物質であることもあり、
リリー社(Eli Lilly 社)は用途を決めかねていた。

1988年にM&Aでリリー社の経営陣から薬の専門家が一掃され、
シカゴ大学の経済学部でMBA経済学修士を取得した
ニューヨークの金融虚業屋に乗っ取られてしまった。 

リリー社を乗っ取った金融虚業屋は、
プロザックを「うつ病を治す画期的な薬」として売り出すことを決めた。

シカゴ大学を設立したのは、ジョン・D.ロックフェラー
「私にとって、今までで一番良い投資だった」  

    

カルト宗教の暴走を許さぬ政治を 石井紘基氏
ロシアにオウムが進出して行きましたね
ロシアには5万人も オウムの信者がいたそうですが
オウムが行く前に 統○協会がロシアに進出していました。
ところが、そういう連中が、どうもいつの間にか
オウム信者とすり替わってしまった。

新世代の抗うつ剤を飲む前に ”ネットで調べた?”

Note:
連日 殺人事件の詳細を 洗脳マシーン(TV)で流し
①模倣犯を生み出す 危機的社会を”創出”
②人に”猜疑心””不安””虚無”を植え付け、
凄惨な事件に”慣れさせる”=”動物回帰政策
--計画を遂行しやすいように、”無関心な人間”を増やす

極端な”動物回帰政策”は
当時のニューディーラーの強権をもってしても
日本では できなかったのであるが →姦通罪をはずす
性風俗の低下に拍車をかけ、 家族制度の破壊を加速化

洗脳(マシーン)& KEY:脳を狂わす”薬””装置””隔離”
この心理戦、神経戦の目的とするところは、
人間の誠実性を低めることにより
現存する国家を 内部からむしばんでいこうとするもの

SSRI(抗うつ剤)/向精神薬による日本破壊
支え手(親2+祖父母4+etc)の1人に恵まれて

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

シオンの議定書 

日本人が知らない 恐るべき真実
第一議定~第二十一議定 第二十二議定~第二十四議定

注)翻訳にあるユダヤの文字はイルミナティ(イエズス会)を指す
The shadowy "Illuminati" was in fact founded by a Catholic Jesuit,
a professor of Cannon Law, who was working for the Pope
- Adam Weishaupt.


PROTOCOLS OF THE WISE MEN OF ZION
This is an exact reprint of the original text.
This has been written intentionally to deceive people.
For clear understanding, the word "Zion" should be "Sion";
any reference to "Jews" should be replaced with the word "Illuminati";
and the word "goyim" should be replaced with the word "cattle."
..."
Behold a Pale Horse" by William Cooper pg.267

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

William  Cooper
"Behold A Pale Horse"
pg. 96,164

I hope you caught on to the fact that
the secret power structure is toward
a totalitarian socialist state (fascism).


It is not the Nazis, as they were a product of this power structure.
It is not the Jews, although some very wealthy Jews are involved.
It is not the Communists,as they fit the same category as the Nazis.
It is not the bankers,but they do play an important role.


The target group is
blamed for everything that has ever gone wrong.


One group, you see,
would always be opposed by all of the other special-interest groups
that exist and have always existed throughout history.
That is, unless they were all really the same group (theIlluminati)
or for some reason they became unified (the Bilderberg Group).


The one-group scenario,
except for the Illuminati, has been used effectively

to divert your attention away from the truth.


It has caused you to
fight each other in a manipulation
that always leads the REAL conspiracy
closer to its ultimate goal,
a New World Order.


1938年11月9日夜--- 9-11 11-9
暴虐非道な ユダヤ人迫害が行われた。
ゲッベルスの号令で、117のユダヤ教会堂と
7500のユダヤ商店が破壊され、

数千のユダヤ人が強制収容所に入れられ、
ユダヤ人団に 10億マークの罰金が課せられた。

ユダヤ人大量虐殺の始まりで、
「水晶の夜」と呼ばれる悲劇であった。

ユダヤ人の家のガラス窓が割られたので、その名がある。
ケストナーは その現場を目撃し、
ナチスの計画的悪業を後に「1945年を銘記せよ」
になまなましく記している。

---ドイツのことではなく、
日本への原爆投下に関する短い感想で結ばれている。
それこそ銘記されるべきことだというのである。
人間が人間でなくなったら、地球なんて一体なんだろう?
小さながらくたに過ぎないだろう。「あぁ、愛する大地よ!」
それが、この残虐行為の記録に満ちた日記の結晶である。

(高橋健二氏『ケストナーの生涯』より抜粋

ユダヤ世界支配シナリオライター=ノストラダムス
「フリーメーソン」を「イエズス会」に置換-クーデター編
特定の人種 国を非難する波に 呑み込まれないように